新たなアクティブ・シャシー・コントールにより、マクラーレンの第2世代スーパーシリーズのバランスがさらに向上

1 Feb 2017

  • マクラーレン・プロアクティブ・シャシー・コントロール(PCC)II システムが、ダイナミクスとドライバーの

インプットをモニター、操縦バランス、グリップおよび車内の快適性をさらに深化

  • 「コンフォート」、「スポーツ」または「トラック」のいずれかのシャシー・モードの選択を通じて、

ドライバーは、自身の好みとドライブ条件に応じた、最適な性能を得ることが可能

  • 「マクラーレン可変ドリフト・制御」によって、電子安定性制御(ESC)のレベルを指先で調整する

ことができ、スポーツおよびトラック・モードでの運転がより魅力的に

 

第87回ジュネーブ国際モーターショーの舞台で3月7日にデビューを果たす、第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズは、マクラーレンらしい多様なダイナミクス性能を備えており、その優れた性能とドライブの楽しさ、車内の快適性により、スーパーシリーズを新たな高みへと引き上げています。

 

先進の機能を備えた、マルチモードの新世代マクラーレン・プロアクティブ・シャシー・コントロールが、

マクラーレンの新たなスーパーカーのダイナミック性能を向上させるカギとなっています。ドライバーは、

自身の好みに応じて、コンフォート、スポーツまたはトラックのモードを選択でき、プロアクティブ・シャシー・

コントロールIIシステムが、それぞれのモードとドライブ条件に応じて、コーナリングでのグリップ、

ダイナミック・レスポンスおよび快適性を最適なバランスで提供します。

 

プロアクティブ・シャシー・コントロールIIには、多様なセンサーが搭載されており、センサーの数は、

先代モデルのスーパーシリーズより12も増えています。たとえば、それぞれのホイール・ハブには、路面からのインプットを「読み取り」、タイヤの接地面を測定することのできる加速度計が装備されています。

加速度計の情報は、システムの中枢にある「オプティマル・コントローラー」アルゴリズムによってミリ秒

単位で分析され、その分析にもとづいてサスペンションの減衰力が直ちに最適化されます。

 

マクラーレン・オートモーティブの製品開発担当エグゼクティブ・ディレクターのマーク・ヴィネルズ(Mark Vinnels)は次のようにコメントしています。「プロアクティブ・シャシー・コントロールIIは、グリップの大幅

向上をもたらしますが、バランスとドライブでの快適性を犠牲にしたものではありません。ハンドリングの

正確さと車内の快適性がさらに深化し、ドライバーとクルマとの一体感が比類なきレベルに達した

第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズは、まさに特別な存在と言うことができます。」

 

また、新装備のマクラーレン可変ドリフト・コントロールにより、ドライバーは第2世代スーパーシリーズの

ダイナミクス性能を徹底的に追究することができ、中央のインフォテイメント画面に表示されている操作

エリアを指でスワイプするだけで、電子安定性制御(ESC)のレベルを調整することができます。

 

価格を含めた、次世代のマクラーレン・スーパーシリーズの全容は、新たな画像が公開される、3月に

明らかにされる予定です。

 

本プレスリリースは参考翻訳です。

原文および画像につきましてはマクラーレンのメディアサイト(英語)からご覧いただけます。

URL: http://cars.mclaren.press/

 

 

マクラーレン・オートモーティブについて:

マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーを製造する英国の自動車メーカーで、サリー州ウォーキングのマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)を拠点としています。マクラーレンは車両製造にいち早くカーボン・ファイバーを採用し、30年にわたる経験を有しています。1981年のMcLaren MP 4/1や、1993年のMcLaren F1といったレーシングカーやロードカーにカーボン・シャシーを導入しており、これまでマクラーレンが製造した車両はすべてカーボン・ファイバー・

シャシーが採用されています。

 

マクラーレン・オートモーティブは2010年の設立後、2011年に画期的なMcLaren 12Cの発表を皮切りに、2012年に12C Spider、2013年に限定生産のMcLaren P1™を発表しました。毎年新型モデルを

導入するという計画を掲げ、2014年にはMcLaren 650S Coupeと650S Spiderを発表し、さらに

2015年には前例のない製品ポートフォリオの拡大で、フルレンジにわたり5つのニューモデルがデビューしました。完全限定生産の675LT Coupéがジュネーブ・モーターショーで公開されたほか、サーキット

専用で、最高出力が1,000PSであるMcLaren P1™ GTRが、ブランド史上もっともパワフルなモデルとして登場しました。多くの期待を集めていたスポーツシリーズは、マクラーレンの3つ目にして最後の

モデル・カテゴリーであり、570S Coupéと540C Coupéがそれぞれニューヨークと上海で1か月のうちに次々とデビューしました。この年の最後には、お客様のご要望に応えるかたちで、5番目のモデルである675LT Spiderも発表されました。この年には、シリーズの最初のモデルであるMcLaren P1™の375台目の生産も完了し、マクラーレン・ブランドにとって記録ずくめとなる1年を締めくくりました。2015年に

発表したスポーツシリーズの2番目となるボディスタイルで、マクラーレン・モデルのなかでもっともラグジュアリーな570GTに続き、2016年はトラック用に変更した570S GT4や570S Sprintを発表しました。この年にマクラーレン・オートモーティブは新しいビジネス・プラン’Track22’を掲げ、研究開発に総額10億ポンドを投資し、2022年までに15車種の新型/派生モデルを発表する予定となっております。

また、マクラーレン・モデルの少なくとも50%にハイブリット技術を搭載します。2016年にはマクラーレン・プロダクション・センターにおいてセカンド・シフト制を導入したのを受け、売り上げが増加、過去6年間で3度目の最高益更新となりました。

 

マクラーレン・オートモーティブの技術パートナー:

革新的で高い評価を獲得しているスポーツカー・ラインアップの開発、エンジニアリング、製造において

マクラーレン・オートモーティブは専門的なノウハウと技術を提供する世界トップレベルの企業と提携して

います。主なパートナーは、アクゾノーベル、エクソンモービル、ピレリ、SAPなどです。

 

マクラーレン・オートモーティブの日本オフィシャルウエブサイトおよび日本オフィシャルフェイスブックは

下記のURLからご覧いただけます。

 

オフィシャルウエブサイト: http://jp.cars.mclaren.com/

オフィシャルフェイスブック:https://www.facebook.com/mclarenautomotiveJP

 

本件に関するお問い合わせ先

マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社

担当:名取雅裕

TEL 03-5572-7007

または

マクラーレン広報事務局 (オグルヴィPR)

担当: 中山奈央子、大野亜希子

TEL 03-5793-2377 / Mail mclaren.pr.tokyo@ogilvy.com