画期的なマクラーレン・スーパーシリーズ 累計生産台数で金字塔を樹立

2 Feb 2015

l   McLaren 12CMcLaren 650S、アジア市場向け625C3モデルからなるマクラーレン・   スーパーシリーズが、カーボン・ファイバーを採用したスーパーカーの生産台数の新記録を達成

l   2011年初めの生産開始から生産台数が5,000台を突破

l   20153月のジュネーブ国際モーターショーにおいて、マクラーレン・スーパーシリーズの最新モデルとなるMcLaren 675LTを世界初公開

 

 

2015年2月2日 英国発 名門Formula 1™チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社: 英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン: ロン・デニス)は、カーボン・ファイバーを用いた画期的なシャシー構造であるカーボン・モノセルを採用したモデルの生産台数5,000台突破を発表いたしました。このカーボン・モノセルは、新たにネーミングされたマクラーレン・スーパーシリーズに採用されており、シリーズの生産開始からわずか4年で、この金字塔を打ち立てたことになります。

マクラーレン・スーパーシリーズは、2011年のMcLaren 12Cに始まり、McLaren 650S、アジア市場向けのテーラーメイドモデルである625Cの3モデルからなるシリーズで、カーボン・ファイバー製シャシーをもつモデルとしては、史上、最も多くの生産台数を記録しているスーパーカー・レンジとなります。マクラーレンでは、今回の新記録の発表直前に、3年連続となるセールスの成長を発表しており、2014年は1,400台以上のマクラーレン・スーパーシリーズの各モデルをデリバリーしました。

記念すべき5,000台目となったボルケーノ・イエローのMcLaren 650S Spiderは、2月2日(月)にマクラーレン・プロダクション・センター(以下、MPC)の生産ラインより、ご注文頂いたオーストラリアのお客様のもとへとデリバリーされます。生産ラインは、現在ではマクラーレン・ヘリテージ・コレクションとなっているMcLaren 12Cのラインを引き継ぎ、McLaren 650Sが生産されています。

2011年初めにスタートしたMcLaren 12Cの生産初期は、マクラーレン・テクノロジー・センター内に設けられた特別施設で、30名ほどのスタッフによって組み立てられておりました。同年6月には全世界に向けたデリバリーがはじまり、11月に最先端の設備を擁したMPCが稼働した後は、マクラーレンのすべてのオンロードモデルが同所で生産されるようになりました。フォスター・アンド・パートナーズ社がデザインを担当した唯一無二の施設では、効率的な生産方法により、優れた品質のマシンが製造されております。現在MPCでは、500名以上のスタッフが生産とロジスティックの業務に携わっております。

2014年3月からは、お客様からの強いご要望にお応えするMcLaren 650Sの生産に適したラインへと改善されました。

マクラーレン・オートモーティブCEO マイク・フルーウィット(Mike Flewitt)のコメント:

「4年の年月は短いようにも感じられるかもしれませんが、マクラーレンにとっては長い道のりでした。マクラーレン・スーパーシリーズの5,000台目が完成したということは、マクラーレン・ブランドにとっては非常に大きな金字塔です。McLaren 12Cは、当時も今も、画期的なスーパーカーであり続けており、私たちは、この偉大なスーパーカーをベースに、さらなる開発と生産を続けたことでMcLaren 650Sを生み出しました。650Sはお客様から好評をいただいており、世界中で多くの表彰を受賞しています。」

「私たちは強固な経営の基盤を構築し、デリバリーする台数の記録を毎年更新しております。マクラーレン・スーパーシリーズに新たに加わるMcLaren 675LTと、年内に発表を予定しているマクラーレン・スポーツシリーズによって、さらなる金字塔を打ち立てることが楽しみでなりません。」

マクラーレン・スーパーシリーズは、マクラーレンが提供するスーパーカーの中心的なシリーズであり、先に発表されたマクラーレン・スポーツシリーズの上位シリーズに位置付けられます。さらにスーパーシリーズに加わるMcLaren 675LTにつきましては、今年3月のジュネーブ国際モーターショーにて、全世界に向けて初公開することをすでに明らかにしております。また、今回の発表に先立ち、サリー州ウォーキングのMPCにおきまして、生産台数5,000台突破を記念し、1,400名以上のスタッフが参加をした社内向けセレモニーが開催されました。

 

本プレスリリースは参考翻訳です。原文および画像はマクラーレンのメディアサイト(英語)から

ご覧いただけます。ダウンロードする際は登録が必要です。

URL: http://media.mclarenautomotive.com/

 

マクラーレン・オートモーティブについて:

マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーを製造する英国の自動車メーカーで、サリー州ウォーキングのマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)を拠点としています。

 

マクラーレン・オートモーティブは2010年の設立後、2011年に画期的なMcLaren 12Cの発表を皮切りに、2012年にはMcLaren 12C Spider、2013年にMcLaren P1™を発表しました。毎年新型モデルを導入するという計画を掲げ、最近ではMcLaren 650S Coupe、およびMcLaren 650S Spiderを発表しました。マクラーレン・ブランドは拡大を続けており、世界の主要自動車市場において、独自のグローバル・ディーラー・ネットワークを構築しています。

 

マクラーレン・オートモーティブの技術パートナー:

革新的で高い評価を獲得しているスポーツカー・ラインアップの開発、エンジニアリング、製造においてマクラーレン・オートモーティブは専門的なノウハウと技術を提供する世界トップレベルの企業と提携しています。主なパートナーは、曙ブレーキ工業株式会社、アクゾノーベル、エクソンモービル、ピレリ、SAP、タグ・ホイヤーなどです。

 

サーキット用に設計しオンロード用に開発:

マクラーレンにおけるFormula 1™マシンとロードカーの融合には、経験、知識、原理、プロセスが活用されています。Formula 1™レースでの50年にわたる歴史の集大成と、画期的なスポーツカーの製造における20年以上の経験を活かして、マクラーレン・オートモーティブでは、技術的に優れた、画期的なハイパフォーマンス・スポーツカーを設計、開発および製造を行っています。オンロードとサーキットを走るマクラーレンのスポーツカーには一切の妥協もなされていません。

 

マクラーレンは車両製造にいち早くカーボン・ファイバーを採用し、30年にわたる経験を有しています。1981年のMcLaren MP 4/1や、1993年のMcLaren F1といったレーシングカーやロードカーにカーボン・シャシーを導入しており、これまでマクラーレンが製造した車両はすべてカーボン・ファイバー・シャシーが採用されています。

 

マクラーレン・オートモーティブの日本オフィシャルフェイスブックは、

下記のURLからご覧いただけます。

URL: https://www.facebook.com/mclarenautomotiveJP

 

本件に関するお問い合わせ先

マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社

担当: 有澤 久美子

TEL 03-5572-7007

Images: 1 Videos: 0